2017年に聴くべき洋楽 vol.1 – ギターロック編 –

Pocket

 
2017/11/11更新

ギターロックの時代が訪れる

 
 
 
今年、2017年も数々のアーティストが新作をリリースしている。
 
音楽にも流行り廃りがあるもので、ここ数年猛威をふるったEDMもいまや飽和し、ブームは終焉を迎えそうな気がする。(知らないだけでまだまだ続いているのかもしれないが)
 
個人的に、今年は主にギターバンドが新作を多くリリースしている年だと思う。
 
なので、今年リリースされたギターロックのアルバム、バンドを中心にいくつかおすすめを紹介したい。
 
80’sリバイバルの後は、最高の時代90’sリバイバルの到来だ。
 
さあ、僕らは今こそキッズの心を取り戻すんだ!
 
 
 

Kasabian – 「For Crying Out Loud」

 

Kasabian – You’re In Love With a Psycho (Official Video)

 

kasabianが新しいアルバム「For Crying Out Loud」をリリースした。

“実はまたギターと恋に落ちたんだ。ギターこそ、俺が使いたいものだった”
     サージ・ピッツォーノ

 
この言葉を語るとおり、原始的なギターロックに回帰している。
 
カサビアンらしい、彼らにしかできないロックだ。
 

Liam Gallagher – 「Wall Of Glass」

 
Liam Gallagher – Wall Of Glass

 

Liam Gallagherのソロ1作目。
 
正直Beady Eyeより好きだ。
 
リアムらしさが出ている。この曲からはoasis感も感じることができる。
 
やっぱりすごい引力のある声だなあ。
 

Circa Waves – Different Creatures

 

Circa Waves – 「Goodbye」

 
UKギターロックの若手では最重要バンドCirca Wavesの2ndである。

1stが、青さと勢い、若さゆえの儚さが混ざり合い、ガレージ感全開の尖った作品だった。

今作はよりラウドになって、骨太になり、堂々とした作品になっている。

1stと曲の雰囲気が大きく変わっていて、期待を裏切られたと思ったファンもいるだろう。(僕もその1人だ。)

だとしても彼らの行先には期待を捨てきれない。

VANT – 「Dumb Blood」

 

VANT – PARKING LOT (Official Video)

 
UKロンドンのバンド、VANTのデビューアルバムである。

この疾走感とシンガロングしたくなるキャッチーなメロディーと、このグランジ感。

最高&最高だ。

The Struts – 「Everybody Wants」

 
The Struts – Put Your Money On Me

 
今年2月についに日本でデビューアルバムを発売したThe Struts

これぞロックスターだと確信できるほどのカリスマ性がもう溢れかえってる。

もういろんな記事で書かれていると思うが、まるでフレディーの再来だ。

メロディアスでサビでちゃんと盛り上がる典型的なものだがこの声がとびきりグラマラスにしているから最高。

なかなか現代では聴くことがなくなったグラムロックを鳴らす稀有なバンドじゃないかな。

是非スタジアムクラスまでのし上がってほしい。いや、そんなの一瞬かな。

Hippo Campus – 「landmark」

 
Hippo Campus – Violet

 
最後に、ここまで紹介してきたのがUK勢だったのでここでUS。

USインディーポップバンドHippo Campusだ。

思いっきりインディーポップと書いたが、日本人的にはギターロックって感じじゃないかな。

疾走感と耳障りの良いメロディとサウンドは抜群です。

The Academic – 「Tales From The Backseat」

 11/11更新
The Academic – Bear Claws

アイルランドの正統派ギターロックバンド、The Academicのデビューアルバム「Tales From The Backseat」が1/12に発売されるよ。
楽しみや〜!

Pale Waves – There’s A Honey

 11/11更新

The 1975のマシューとジョージがプロデュースするバンドであるPale Waves。
The 1975が女性になったらこんな感じ何だろうな。
 

Alex Lahey – I Love You Like A Brother

 11/11更新

オーストラリア出身のシンガーソングライター、Alex Laheyのデビューアルバム。
ポップで痛快なロックで大好物です。
 

The Sherlocks – Live For The Moment

11/13更新

兄弟二組からなるUKの新星。
Catfish and the BottlemenとかCirca Wavesと同じ大物感がある。
シンガロングできて気持ちいいメロディが最高。

 
 
 

とりあえずvol.1ということで。

後々少しずつ追加するかもしれません。

 

他に、もっといろんなジャンルに分けてオススメを更新していこうと思うよ!

 

11/11更新
更新したよ!

すごく久々ですでに年末ですが、また更新できたらいいな。

更新できなかったら、2017ベストアルバムにて会いましょうって感じで笑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA