ストレイテナーはなぜ愛されるのか?

Pocket

ストレイテナーがデビュー20周年ということで、トリビュートアルバム 「PAUSE~STRAIGHTENER Tribute Album~」をリリースする。

 

トリビュートアルバムを出せるということは、ファンや同業者にも本当に愛されている証明だと思うのだ。

今回参加するバンドもそりゃもう豪華である。

 

ACIDMAN、ASIAN KUNG-FU GENERATION、9mm Parabellum Bullet、go!go!vanillas、THE BACK HORN、the pillows、SPECIAL OTHERS、back number、My Hair is Bad、MONOEYES

 

ロッキンオンジャパンだったら上記バンドの7割はGRASS STAGEに出演できるレベルだ。

 

ストレイテナーを好きだという人は音楽をやっている人に多い。

少なくとも僕もその一人で、最も敬愛するバンドの一つなのだ。

そんなストレイテナーの魅力を紹介しようと思う。

 

 

愛される理由

ライブが素晴らしい

 
まずストレイテナーの魅力は曲はもちろんだが、真髄はライブにある。

 

ロックバンドの居場所はライブハウスだということを体現している。

 

Voホリエアツシの無二の歌声と、Drナカヤマシンペイの鬼気迫るドラムや、少年のような笑顔でベースを弾くひなっち、なかなか前には出ないがストレイテナーの世界観を表現するには不可欠な鮮やかな音を奏でるGt大山純。

 

この4人の作り出す音楽はヘッドホンの中だけでは勿体無いのでぜひ体感してほしい。

 

 

メンバーの仲がいい

 
僕が初めてストレイテナーのライブを観た時にとても印象に残ったシーンがある。

 

本編の曲目がすべて終わったあと、メンバー全員でステージの前に出て、肩を組み、深々と一礼をした。

数々のライブを観てきたが、出会えたことがなかったその行為がとても感動的だった。

 

これがファンを愛し、愛されるバンドの姿なんだと、より一層好きになったことを覚えている。

 

この映像を観てもらうとそれがわかる。

 

 

演奏はとてもシリアスだが、MCになると急に緩い空気になり、時には楽屋の会話かよ!ってくらいのギャップも最高だ。

 

この自然体な関係性が、真似のできないグルーブと魅力になっているのだろう。

おすすめの曲

 

せっかくなのでストレイテナーを知らない人にもおすすめできる曲をピックアップした。

 

その1.「羊の群れは丘を登る」

 

2011年に発表された「羊の群れは丘を登る」だ。

 

「まっすぐな音楽をやろう」とつけられたストレイテナーというバンド名を体現している。

 

シンプルな8ビートに、アルペジオのリフと作りはとてもシンプルなのだが、だからこそ、この美メロと歌詞で心象と情景をシネマティックに表現している。

 

この曲こそ、The ストレイテナーである。


 

 

その2.「MARCH」

 

彼らの特徴としては楽曲の幅広さがあることだ。

 

まっすぐなギターロックもあれば、ダンスロックもあり、パワーポップもあり、ファンク風の曲もあれば、美しくピアノが響くエモだってある。

 

このMARCHという曲は彼らの数あるピアノロックの中でも美しさの極みである曲だ。

 

これを聴くと、デスキャブ(Death Cab For Cutie)の前座をやるのも納得である。(余談だが、デスキャブも最高なので聴いてみてほしい。)

 

その3.「From Noon Till Dawn」

こんなバキバキとしたロック調でアップテンポなものだってお手の物。

というかこういう方がストレイテナーのイメージが強いと思う。

ライブの定番と言ってもいいだろう。

 

SOIL & “PIMP” SESSIONSのタブゾンビと田中邦和氏が参加している。

 

ホーン隊も取り入れてしまうあたり、本当に音楽性の幅が広い。

 

トリビュートアルバムについて

 

最後に、トリビュートアルバムにて収録される曲を予想してみた。

 
もはやカバーしてほしい曲だ。

 

 

ACIDMAN : 「Toneless Twilight」
ASIAN KUNG-FU GENERATION : 「DISCOGRAPHY」
9mm Parabellum Bullet : 「PLAY THE STAR GUITAR」
go!go!vanillas : 「KILLER TUNE」
THE BACK HORN : 「ETARNAL」
the pillows : 「シンクロ」
SPECIAL OTHERS : 「Farewell Dear Deadman」
back number : 「TOWER」
My Hair is Bad : 「REMINDER」
MONOEYES : 「ROCKSTEADY」

 

 

 

うーん迷った笑

 

みんなは誰に、何の曲をカバーしてほしい?

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA